マイホームを建てるなら質のいい住友林業で決まり

銅山から起こした業者は

住宅

住宅・不動産で知られる

住友林業は1948年から銅山の公害対策として植林事業を行っており、そこから派生して創業されました。現在では住宅建設などの不動産事業で知られ、建材事業も行われています。東京都千代田区に本社を置き、多くの分譲住宅地も手掛け、大手のハウスメーカーとしても全国的にもよく知られて来ています。多くの実力派の建築士を有し、施主に対しては専任チームを編成してこれに取り組むとされています。国産の木材を積極的に活用しており、無垢材で住宅作りを行うようです。その後は植林を行い、大事に育てて行く方針で会社を運営しています。また木造軸組工法では、耐震等級3を実現するマルチバランス工法がとられています。さらに木造では、ラーメン構造で集成材が使用されるビッグフレーム工法が行われています。輸入住宅としても知られるツーバイフォー工法も採用されています。その他にも商品シリーズも豊富に揃っており、女性の視点を重視しているシリーズは人気にもなっています。群馬は関東地方の北西部に位置し、平野と山岳地帯に恵まれている反面、四季を通じて寒暖差の激しい地域です。特に季節風が強いことでも知られています。近年多くの人たちが移り住むようになっていて、人口が20万人を超えるところも出て来て特例市にも指定されています。群馬の住友林業の家は地元の工務店と違って、価格は国内の有名なプレハブメーカーと肩を並べる程度とされています。群馬の住友林業では高気密・高断熱で充実しているメーカーとされています。又、群馬の住友林業は不具合やクレームを受け付けるのに、24時間365日の体制がとられ差別化が図られています。